東京都港区の整形外科・内科・リハビリテーション科、
訪問診療、在宅診療のアットホーム表参道クリニック

アットホーム表参道クリニック

東京都港区の整形外科・内科・リハビリテーション科、
訪問診療、在宅診療のアットホーム表参道クリニック

各種検査(保険対象)

当院で行っている各種検査(一例)をご案内いたします。保険対象と自費での検査がございます。詳しくはお問い合わせください。

各種検査(保険対象)

横スクロール

  • 検査名 概要
  • レントゲン 胸部、骨盤、脊椎などX線を用いて体内の組織や骨格の画像を撮影する検査です。
  • 24時間ホルター心電図 24時間胸に装置を付け、不整脈の出現を確認いたします。
  • 心電図 一般的な12誘導心電図やホルター心電図検査(24時間)を行っています。
  • 脈波(血圧脈波検査) 血管(動脈)の硬さと詰まりの程度を測定する検査です。
  • DPN(神経伝導検査) 糖尿病性末梢神経障害の検査です。
  • DEXA(骨密度検査/大腿骨腰椎で実施) 骨粗鬆症の検査です。
  • 即時型アレルギー検査(MAST36) 血液検査で36項目のアレルギー検査を行います。
  • 一般血液検査 各種血液検査を行っています。
  • 尿検査 尿検査を行っています。
  • 各種ホルモン検査・代謝マーカー検査 甲状腺、下垂体、副腎疾患などの状態や更年期障害を調べる検査です。
  • ブドウ糖負荷試験・カプトプリル負荷試験・迅速ACTH負荷試験 内分泌・糖尿病に関する各種負荷試験を行っています。
  • 持続血糖モニタリング検査(CGM) 専用のセンサーを貼付し24時間血糖の持続モニタリングができます。
    疾患と治療内容により保険適応となります。
  • 睡眠時無呼吸症候群(簡易アプノモニター) 就寝時に専用の器械を装着し、入眠中の呼吸状態を確認いたします。
    睡眠時無呼吸症候群の診断に用いられます。
  • 体組成測定検査 専用の機器で体重、筋肉量、体脂肪率のバランスを測定します。
  • 認知機能検査 長谷川式認知症スケールなど簡易的な検査の他必要時MRIの撮影をしていきます。
    (MRIは他検査施設へ紹介)

骨密度測定機器「DEXA」

レントゲン室

その他検査(自費)

アットホーム表参道クリニックでは、医療保険による各種検査の他、以下の自費検査を行っております。

横スクロール

  • 検査名 概要
  • 遅延型フードアレルギー検査(血液)
    【検査時間:5分】
    フルパネル1回¥48,000
    セミパネル1回¥35,000
  • ソイチェック(尿) ソイチェック(尿) 1回¥4,180
    ※ご自宅での検査です。
  • 超音波検査(頸動脈)
    【検査時間:5分】
    1回¥8,800
    ※症状により保険適応となる場合がございます。
  • 超音波検査(甲状腺・乳房・腹部)
    【検査時間:5分】
    1回¥6,600
    ※症状により保険適応となる場合がございます。
  • 腸内フローラ検査(My Kinso Gut V4)
    【検査時間:5分】
    1回¥22,000
  • MCIスクリーニング検査(認知症採血検査)
    【検査時間:5分】
    1回¥22,000
  • 新型コロナ抗体検査(感染後)
    【検査時間:5分】
    1回¥4,400
  • 新型コロナ抗体検査(ワクチン接種後)
    【検査時間:5分】
    1回¥5,500
  • 便潜血(2日法)
    【検査時間:5分】
    1回¥1,650
    ※症状により保険適応となる場合がございます。
  • 腫瘍マーカー1項目
    【検査時間:5分】
    1回¥1,500
    ※別途、診察代がかかる場合がございます。
  • DHEA
    【検査時間:5分】
    1回¥3,000
  • リブレプロ(CGM:2週間連続で血糖値を測定)
    【検査時間:5分】
    1回¥16,500
    ※疾患により保険適応となる場合がございます。

※上記に記載された料金はすべて消費税込みです。

遅延型フードアレルギー検査

日本で通常行うアレルギー検査はIgEという即時型の抗体を調べています。これは、食べるとすぐに強い反応が起きるため、原因に気づきやすいアレルギーです。

一方、この遅延型アレルギー検査ではIgGという別の抗体を調べます。反応が弱く、反応に時間がかかる為、原因となる食べ物を摂取してから数時間~数週間以上経過した後にアレルギー反応が現れます。その為、原因に気づかずに原因食物の摂取を続けてしまうことが多く「隠れアレルギー」とも呼ばれています。

遅延型アレルギーの症状

アトピー性皮膚炎、便秘、鼻炎、偏頭痛、慢性じんましん、消化不良、手湿疹、睡眠の質、気分が落ち込む、集中力の低下、イライラする等、慢性疲労、喘息、めまい、腹痛、不眠

\こんな方にオススメ/

  • アレルギー症状があるのに即時型のアレルギー検査を受けても「陰性」で、原因のわからない方
  • 頭痛や消化不良など、アレルギー症状とは言えない原因不明の慢性症状が続いている方
  • アスリートなど、自分のパフォーマンスレベルを保ちたい方食や健康への関心が高い方

遅延型フードアレルギー検査の他に、リーキーガット(腸漏れ)の検査も行っております。リーキーガットは腸内環境が悪化し、腸内の細胞間のタイトジャンクションが開くと、未消化の食物や炎症性の異物が侵入することです。腹部膨満感などの消化器症状以外に、慢性的な不調の原因にリーキーガットが関与しているとも言われています。リーキーガットの予兆となるマーカーを血液で判断し、ご自身の腸の状態を知ることができます。

ソイチェック

「エクオール」は大豆イソフラボンが腸内細菌によって変換されて作られ、加齢と共に減少していくエストロゲンの代わりとなって更年期症状などを軽減してくれる働きがあります。 しかし、日本人女性の約半分はこの腸内細菌を持っていないため、エクオールを作れません。

そんなエクオールを作れるか、作れないかが分かる検査キットが「ソイチェック」です。自宅で尿を採取し、検査キットを郵送することで簡単に測定する事ができます。検体を提出してから約1週間で検査結果がクリニックに届き、内科医師からご説明いたします。

エクオールが足りない方は「エクエル」(自費のサプリメント)を購入することも可能です。 ※気になる症状がある方は検査をせずにサプリメントの購入をすることも可能です。

\こんな方にオススメ/

  • 最近手指のこわばりが気になるけど、検査をしたらリウマチではなかった
  • ホットフラッシュなど更年期症状が気になる
  • 肌のハリ感、シワが気になってきた
  • 肩こり、頭痛が気になる
  • 動脈硬化を指摘された

超音波検査

頸動脈エコー

  • 脳に血液を送る首の動脈を超音波で簡単に視覚化できる検査です。
  • プラーク(コレステロールや中性脂肪などの脂質が血管内に蓄積すること)などを確認し、動脈硬化の早期発見や進行具合を確認することができます。
  • 症状や疾患により保険適応となる場合がございます。

甲状腺エコー

  • 甲状腺の状態を超音波で確認することができます。
  • バセドウ病や橋本病、他甲状腺疾患の診断をつけることができます。
  • 症状や疾患により保険適応となる場合がございます。

腹部エコー

  • 胆嚢、胆管、肝臓、膵臓、脾臓、腎臓、腹部大動脈の状態をエコーで確認致します。
  • 症状や疾患により保険適応となる場合がございます。

乳房エコー

  • 乳房に超音波をあて、視触診で発見したしこりの性状を観察したり、乳腺の状態を調べたりする検査です。
  • 手で触れないようなしこりの発見も可能です。
  • 症状や疾患により保険適応となる場合がございます。

腸内フローラ検査

私たちの腸内には多種多様な細菌が生息しており、その数 約1000種類100兆個。これらの細菌がバランスをとりながら腸内環境をいい状態に保っています。腸内フローラが乱れると、全身の不調や病気と関連してきます。

  • 腸内フローラ検査は自宅 で採便をして、ポストに投函して検査ができます。
  • 痛みも全くなく、手軽にできる検査です。
  • 検体を提出してから約4~6週間程度で検査結果が届きます。

\こんな方にオススメ/

  • 便秘や下痢などお腹の不調で悩んでいる
  • ダイエットしても痩せられない、痩せにくい
  • しわ、ニキビ、肌荒れが気になる
  • アレルギー(花粉症)などがある
  • 大腸がんのリスクが気になる
  • 腸活をしているけど、自分に合っているのか、効果があるのか知りたい

新型コロナ抗体検査

新型コロナウイルスワクチンの接種や感染によって、ウイルス感染や発症、重症化を防ぐ抗体(=中和抗体)が体内で産生されたかどうかを、少量の血液で測定できる検査です。

\こんな方にオススメ/

  • 感染歴があり、中和抗体を保有しているか知りたい
  • ワクチンを接種する前に、すでに中和抗体を保有しているかどうかを知りたい
  • ワクチン接種後に、中和抗体が産生されたかどうかを確認したい
  • 現時点でワクチンの効果(抗体価)がどの程度か確認したい

MCIスクリーニング検査プラス

健常者と認知症に中間にあたるグレーゾーンの段階を、軽度認知障害(以下、MCI)と言います。認知症予備軍であり、そのまま過ごすと約5年でその半数が認知症に移行する可能性があると言われております。

MCIスクリーニング検査プラスは、アルツハイマー病の前段階であるMCIのリスクを調べる血液検査です。検査は「栄養群」「脂質代謝群」「炎症・免疫群」「凝固線溶群」の4つのカテゴリーに分かれており、検査の結果を踏まえてその方に合った認知症予防の方法をご紹介させて頂きます。

※既に認知症の診断を受けている方は検査することができません。

リブレpro

リブレproは24時間の血糖値の変動を確認し2週間分のデータを確認できる検査です。測定値は15分おきにセンサーに記録され、最長14日分の血糖値が保存されます。血糖値の変動をグラフで見ることにより、糖尿病治療に対してより正確に的確な治療をすることができます。

※患者様の症状、疾患により保険適応となる場合もございます。

DHEA

DHEAとは「デヒドロエピアンドロステロン」というヒトの体内に存在するホルモンです。

よく「若返りホルモン」と呼ばれていますが、「若さを保つ」「老化を促進しないようにする」ホルモンという認識の方が適切です。

日本では「医薬品」に指定されているDHEA(現在、国内で医薬品は製造されておらずサプリメントのみ)ですが、摂りすぎると倦怠感やニキビ、不整脈などの副作用が起こることもあります。ほかにも肝機能障害などのほか、前立腺がんや乳がんの場合にがんを進行させるリスクがあるともいわれていますので、摂りすぎには注意が必要です。

当院では血液検査でDHEAの値を測定し、その方にDHEAの値に合った生活指導やサプリメントのご紹介をしています。

\こんな方にオススメ/

  • 免疫力を高め、病気を予防する
  • インスリンの働きを助け、糖尿病を予防する
  • 筋力を維持し、代謝を高めて体脂肪を減らす
  • 動脈硬化を予防する
  • 脂質異常症を予防する
  • ストレスを緩和し、意欲を向上させる
  • アルツハイマー病を予防する
  • 不妊症を改善する