東京都港区の整形外科・内科・リハビリテーション科、
訪問診療、在宅診療のアットホーム表参道クリニック

アットホーム表参道クリニック

東京都港区の整形外科・内科・リハビリテーション科、
訪問診療、在宅診療のアットホーム表参道クリニック

生活習慣病外来
(人間ドック、健康診断後外来)

生活習慣病外来

遺伝的素因に、不適切な食生活や運動不足、ストレス、喫煙、飲酒などの日常の生活習慣が加わり、引き起こされる疾患を指します。代表的な疾患としては、高血圧や糖尿病、脂質異常症、痛風(高尿酸血症)、肥満症、さらに内臓脂肪の蓄積からこれらが複合的に併存するメタボリックシンドロームなどがあります。

これらの疾患は、いずれも、動脈硬化のリスクとなり、動脈硬化性疾患(脳卒中や狭心症、心筋梗塞など)の発症につながることがあります。また、腎障害や心不全を発症することもあります。かなり進行するまで目立った症状がないことが多く、気づかぬうちに進行してしまうことが特徴です。生活習慣の改善、定期的な検査や適切な治療により進行を防ぐことが大切です。

当院の生活習慣病外来では、その方の症状や併存疾患、ライフスタイルに合わせて、検査や治療を行ないます。動脈硬化や、臓器障害の進行、合併症の発症前の早めの受診をお勧めします。

こんな症状でお悩みはありませんか?

当院では、以下のようなお悩みをお持ちの方にぜひ受診なさっていただきたいと思っています。

  • 自分はメタボ体質だとは思っているが、一度きちんと診てもらいたい
  • 人間ドックや健康診断の結果で異常値が出た。一体どうすればよいか?
  • 人間ドックや健康診断の内容で気になることがあり、一度相談したい。
  • 最近、体調がすぐれない。食生活の乱れや飲酒、喫煙などが原因なのか知りたい。

生活習慣病は自覚症状がないものが多いため、自覚症状が出た時点では疾患が進行していることもあり、甘く見てはいけません。上記の項目に1つでも該当する場合は、ぜひお気軽にご相談ください。

具体的な疾患や治療法について

生活習慣病の代表的な疾患やその治療法についてご説明致します。

糖尿病

体内での糖の利用や保存がうまく行かず、血中の糖(血糖)の量が増加する状態です。インスリンというホルモンの不足や働きの低下が主な原因です。当院では専門医による糖尿病専門外来を併設しており、正確な診断により的確な治療(食事療法・運動療法・インスリン注射や薬物治療)を行っています。

高血圧

血圧が持続的に高い状態で長期間放置すると、心臓や腎臓などの臓器にダメージを及ぼすリスクが上がります。栄養指導を始めとする食事療法や、血圧を下げる薬の服用などの治療行います。

脂質異常症(高脂血症)

血中のコレステロールや中性脂肪の値が高くなる状態。動脈硬化のリスクが高まるため、適切な食事習慣の見直しや、脂質を下げる投薬などの治療を検討します。

高尿酸血症(痛風)

血中の尿酸値が高まることで、関節などに結晶が沈着し、炎症や痛みを引き起こす状態です。お肉やお魚の内臓、アルコールの摂取を控える食事療法や、尿酸値を下げる薬の服用を検討します。

この他、複数の危険因子(内臓脂肪の増加、高血糖、高血圧など)が一度に存在するメタボリックシンドロームは動脈硬化症や心臓病のリスクが上がるため、専門医による的確な診断と治療が重要です。食事療法や運動療法、お薬の服用や生活習慣の見直しを含めて、お一人おひとりにあった治療方針をご提案いたします。ぜひお気軽に受診なさってください。