東京都港区 外来診療(整形外科・内科・リハビリテーション科・リウマチ科・痛みの外来)、
訪問診療、在宅診療のアットホーム表参道クリニック

文字の大きさ
トップイメージ
HOME > 内科
地図アクセス方法 お問合せ 外来診療
整形外来 内科 リハビリテーション科 痛みの外来 リウマチ科
外来勤務表 スタッフ紹介 院内フォトアルバム 外来診療Q&A こんな症状の方に 肩こりでお悩みの方 腰痛でお悩みの方 ぎっくり腰でお悩みの方 膝の痛みでお悩みの方
在宅診療
在宅診療とは? 訪問リハビリと対応エリア 在宅診療Q&A スタッフ紹介
個人情報の取扱いに関して
診療時間のご案内
【受付時間】
17:30まで
【診察時間】
月〜金 午前
9:00~12:00
午後
13:00~18:00
午前
9:00~12:00
午後
13:00~17:00
【休診日】 
日曜・祝日
診察終了時間の30分前までに診察受付をお済ませくたさい。
○整形外科
○内科
○リハビリテーション科
○リウマチ科 
アットホーム表参道クリニック
〒107-0061
東京都港区北青山3-5-6
青朋ビル別館1F
TEL.03-3423-3232
FAX.03-3423-3233
求人情報 腰塚院長のコラムコーナー スタッフブログ その他のリンクはこちらから 初診受付 東京リハビリテーション医療連携機構 Trigger Point.net アットホーム渋谷 萬屋歯科医院 アットホーム表参道クリニック 膝の痛み
内科
内科  
副院長(内科)
医学博士
宮尾 益理子(みやお まりこ)

専門医・指導医

日本老年医学会専門医・指導医
日本糖尿病学会専門医・指導医
日本内分泌学会専門医・指導医
日本内科学会認定医
日本抗加齢医学会専門医
日本人間ドッグ学会認定医
日本骨粗鬆症学会認定医

※詳しい経歴等は副院長挨拶をご覧ください。


◇初めて受診される方へ
当院は予約制を取り入れております。
診療の順番は事前にご予約いただいた方を優先致しますので、予めご予約をお取りいただきますとスムーズにご案内できます。
予約受付 ℡:03-3423-3232
受付時間:平日 9:00~17:30 土 9:00~16:30
休診日: 日・祝

内科外来スケジュール
(祝祭日/日曜は休診です。)

月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜
AM
9時~12時
内科
宮尾 益理子
(第2・3週のみ)
内科
宮尾 益理子
(毎週)
PM
13時~18時
(土)~17時
内科
宮尾 益理子
(13:00~15:00)
内科
宮尾 益理子
(第1・4・5→15:00まで)
(第2・3→13:30まで)

※ 午前、午後ともに受付は診療最終時間の30分前までです



[注意事項]
受診時は保険証を必ずお持ちください。
初診の方は、恐れ入りますが下記の問診票にご記入の上、当日受付へお渡しください。
●問診票

女性総合外来・高齢者総合フレイル・漢方処方をご希望の方は、下記の気血水スコアにご記入の上、当日受付へお渡しください。
●気血水スコア   

 糖尿病専門外来       内分泌専門外来       女性総合外来       高齢者総合フレイル外来     
 禁煙外来       栄養相談       当院でできる検査     


● 糖尿病専門外来
糖尿病は自覚症状に乏しく、様々な合併症が発症、進行やすい病気です。
「糖尿病の気がある」、「血糖が高い」、「糖尿病予備軍」などと言われた方、糖尿病の血縁者がいらっしゃる方、肥満やコレステロールや中性脂肪の高値、高血圧や脂肪肝がある方は予備軍またはすでに糖尿病を発症している可能性があります。すでに、診断を受け通院していたけれどしばらく通院が途切れてしまっている方、現在、非専門医または専門医のもとに通院しているけれど、ほかの病気も合わせて受診したい方、何らかの心配を抱えておられる方に、ぜひ、受診していただきたいと思います。

<安全で効果の高い治療の選択肢が増えています>
糖尿病の治療薬は、内服薬もインスリンを含む注射製剤も、進歩がめざましく、種類が増えています。ご自身のライフスタイルに応じた食事、運動療法のサポートに加えて、必要に応じて、食欲をコントロールする作用を有する薬剤、減量に効果が期待できる薬剤、糖分を尿に排出することで血糖を低下させる薬、低血糖を起こす可能性が低い薬など、作用からみた選択肢は広がっています。

また、週1回の内服薬や注射薬や、1日1回〜頻回のインスリン注射、インスリン以外の注射製剤(GLP-1製剤)、インスリンポンプなど、使用頻度や投与方法の選択肢も広がっており、これらの幅広い選択肢の中からお一人お一人の生活、ご意向を尊重しつつ、病状に応じて最適な治療法を探していくことができます。

<様々な合併症の予防、治療を同時に行い、骨粗鬆症や認知症の合併にも対応します。必要に応じ専門医療機関と連携します。>
糖尿病の方は、網膜症、腎症、神経症の細小血管障害、脳梗塞などの脳血管障害、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患の大血管障害(動脈硬化性疾患)を合併することが知られています。さらに、骨粗鬆症、認知症、悪性腫瘍のリスクも高まることがわかってきました。高齢者の方では特に、食事療法、薬物療法ともに、特別な配慮が必要になり、運動器疾患(ロコモテイブシンドローム)の合併も多くなります。老年医学の専門性や、整形外科との強固な連携で強力にサポートさせていただきます。


● 内分泌専門外来
comming sonn


● 女性総合外来
comming sonn


● 高齢者総合フレイル外来
comming sonn


● 禁煙外来
喫煙習慣はニコチンが持つ強い依存性による※1ニコチン依存症であり、現在は病気と考えられています。喫煙による健康被害は大きく、肺癌やCOPD(肺気腫)などの呼吸器疾患、胃癌などの呼吸器以外の発癌リスク、心筋梗塞や脳卒中の発症リスクが高くなります。
また、※2受動喫煙により非喫煙者など周囲へも悪影響を及ぼします。
大切なご家族やお子様の健康のためにも禁煙をお勧めいたします。
禁煙治療をご希望の方は、是非当院へご相談ください。

※1 ニコチン依存症
タバコに含まれるニコチンは強い依存性を持つ物質であり、ヘロインやコカインなどの危険薬物よりも強い依存性を示すと言われています。そのため、禁煙しようと思っていても、なかなかやめることができないのが現状です。

※2 受動喫煙
タバコの煙には、タバコを吸う人が直接吸い込む「主流煙」と、タバコから立ち上がる「副流煙」があります。「副流煙」には、「主流煙」と比べ、ニコチンやタールなどの有害物質が数倍多く含まれています。喫煙者の周囲の人がこの「副流煙」を吸い込んでしまうことを「受動喫煙」と言い、癌や心筋梗塞・脳卒中などのリスクが高まり、妊婦や赤ちゃんにも悪影響を及ぼします。


● 栄養相談
当院では、管理栄養士が様々な患者様の栄養指導を行っております。
食事に関する悩みや不安などありましたら、ぜひ一度ご相談ください。
※栄養指導は毎週木曜日に行っております。
詳細は受付までお問い合わせください。


● 当院でできる検査
●一般血液検査、尿検査
●各種ホルモン検査(甲状腺、下垂体、副腎疾患など、更年期障害)、骨代謝マーカー検査
●レントゲン検査
●心電図検査
 ・十二誘導心電図
 ・ホルター心電図検査(二十四時間)
●脈波検査
●超音波検査
  ・腹部超音波検査
  ・甲状腺超音波検査
  ・頸動脈超音波検査
  ・乳腺超音波検査
●内分泌.糖尿病に関する各種負荷試験
  ・ブドウ糖負荷試験
  ・カプトプリル負荷試験
  ・デキサメサゾン抑制試験
●持続血糖モニタリング検査(CGM)
●睡眠時無呼吸症候群(簡易アプノモニター)
●体組成測定検査
●認知機能検査


▲ページの先頭へ


Copyright (c) Athome Omote-sando clinic. All Rights Reserved.